神祭

故郷に残る伝統

汗見川流域には6つの集落があり、それぞれの集落に氏神様として神社が祀られています。沢ケ内集落には白髪神社があり、11月に秋の大祭が行われています。


神祭が始まる前には、地域の方が榊に掛ける半紙を折ったり、注連縄に半紙を挟んで神事の準備を行います。



神事では神主さんの祝詞の後、玉串を奉納し

日頃の感謝とこれからの繁栄を祈ります。

沢ケ内集落では白髪神社の祭りの後、

八坂様の祭りも行われています。


古き良き伝統を未来へ

古い写真があり、昔の神祭のお話を聞きました。(平成に入った頃)

 

年号が平成に変わった頃の神祭は沢ケ内小学校(現在の清流館)の

グラウンドまでお神輿が曳かれ、獅子舞も舞っていた。

また、小学校も授業が早く終わり、お神輿と一緒に白髪神社に

行き、餅まきに参加していたそうです。

(写真に写っているのは平成11年の餅まきの様子です。)


近年の神祭では神事を行った後、お神輿を出していましたが、地域住民が減少し、お神輿の担ぎ手が居なくなりました。現在はお神輿を台車に乗せて曳いているそうです。

地域の人口が減り、受け継がれてきた伝統文化の維持が難しくなってきていますが、昔ながらの伝統はなんとか未来に残していきたいと考えます。

ページトップ

  • 汗見川活性化推進委員会

    - 汗見川ふれあいの郷 清流館
    - 集落活動センター「汗見川」
    - 地域ファンクラブ「ちっとええぜよ汗見川」

    〒781-3622 高知県長岡郡本山町沢ヶ内626
    TEL:0887-82-1231

Copyright © 汗見川活性化推進委員会 All Rights Reserved.