そば打ち体験

そば打ち体験

そば打ち体験

汗見川流域で昔から栽培されている、そば粉を使って地元そば打ち名人に教わる手打ちそば作りを体験してみませんか?地元で採れた野菜や山菜、特産品のしいたけを盛り付けてお召し上がりください。

参加費

2000円

所要時間

2時間

むかし体験!「そばの収穫祭」イチから、そばを作ってみよう!汗見川そば名人直伝 ”汗見川流そばづくり” ~種まき・収穫・脱穀・そば打ち~

【時期】8月20日前後

汗見川では地域のグループでそばの栽培に取り組んでいます。昔から自家採取してきた種を、8月の20日前後にまきます。
「猫足3粒にまく」など、70~80代の経験者に教わりながら、流域に点在するそば畑を巡ります。

【時期】11月上旬

そばの収穫は鎌を使って手刈りし、束ねて「はで」に掛けて天日干しします。
昼食は里山のまかない料理が振る舞われます。農作業の後にみんなで食べる昼食は格別です。

【時期】11月中旬~下旬

天日干ししたそばを、脱穀機や木の棒で叩いて脱穀します。
脱穀したそばをふるいにかけ、唐箕(とうみ)という昔ながらの道具を使って殻やチリを取り除きます。昔から使われていた道具がいかに優れているか、ぜひ体験してみてください。

【時期】12月下旬

そばの実を石臼で製粉して、挽き立ての「そばがき」を楽しんだ後は、いよいよ汗見川のそば打ち名人に教わるそば打ち体験です。
昼食は打ち立てのそばをいただきます。午後は「しめ縄飾り」や「門松づくり」などで、今年1年に感謝しながら年末年始の準備です。

    最少催行人数が5名からになります。(3名や4名であっても5名分の金額をお支払いできるという方に関してはお受けすることもございます。)

    関連記事一覧